03-6453-7031

受付・診療時間 : 10:00~18:00
休診日 : 日曜日・祝祭日

お問い合わせ

JP

EN

スタークリニック
「幹細胞・自己免疫力向上プログラム」の提供

ウィルス感染、病原菌に負けない
自己免疫力向上、強化のための治療です。

スポイト

新型コロナの影響もあって、「幹細胞医療」と「免疫力」について多くのお問い合わせをいただいております。スタークリニックでは生活習慣病・肝障害治療、更年期障害治療等に合わせて、「幹細胞・自己免疫力向上プログラム」の提供を開始いたします。

「免疫力」に大きな注目が集まっています。スタークリニックが再生医療、幹細胞医療を通じて追求している医療の一つに予防医療がります。「病気ならない、自分を守る自衛手段を高める」治療です。病気にならない、病気に負けないためには「免疫力」の向上が必要となります。幹細胞・免疫力向上プログラムは免疫力を強化して、自己予防力、自己治癒力を高める治療になります。「病気や感染症の予防」「り患しても発症しにくい」「重症化しにくい」また、「がんの予防効果」などが期待できます。

免疫力とは?

免疫とは体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウィルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことです。 免疫の仕組みは実に精巧にできており、いくつもの免疫細胞が協調しあって働いています。身体の中では毎日、がん細胞などの異物(身体に害をもたらす細胞)ができます。 では多くの人はなぜ、発病しないのか? それはさまざまな免疫細胞が連動し、ガンを死滅させるために働いているからです。もし、免疫というシステムが体から無くなったとしたら、侵入した細菌やウィルスなどですぐに何らかの病気にかかってしまうのです。免疫システムは15才までに出来上がり、20才を超えると徐々に免疫力は落ちていくといわれています。

ストレスを抱えたり、睡眠不足であったり、栄養が偏ったり、身体が冷えるなどの環境下では、免疫力は低下しやすくなります。また、高齢になるにつれて免疫力はさらに低下していくことも知られています。免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザ、新型コロナなどの感染症や、がんなどの病気に罹患する可能性が高まります。

幹細胞治療に合わせて、グロスファクター再生治療、高濃度ビタミンC(+グロスファクター)治療を組み合わせます。さらに、患者様の幹細胞を冷凍保存し有事に即時治療できるプログラムです。

新型コロナの治療において、中国、アメリカなどで新型コロナ患者に対し、幹細胞治療を実施し重症患者が回復した症例の発表や日本でも新型コロナ患者に対する幹細胞治療の臨床治験計画の発表などがあり、「予防」だけでなく「治療」にも効果が認められ、新型コロナでの幹細胞治療が注目と大きな期待を集めています。
スタークリニックでは、ウィルス感染等に対する自己免疫力向上の治療プログラムを提供しています。「幹細胞治療」に合わせて、「グロスファクター再生治療」や「高濃度ビタミンC(+グロスファクター)治療」を組み合わせた治療になります。また、患者様の「幹細胞」はスタークリニック併設のスタークリニック細胞培養センターにおいて冷凍保存し、有事に即時治療できるプログラムとなります。

細胞

幹細胞治療
+
グロスファクター再生治療
+
高濃度ビタミンC(+グロスファクター)治療

治癒サイクル

期待される主な作用

主な作用

グロスファクター再生治療とは

グロスファクター溶液は、さまざまな細胞に分化・増殖する能力を持つ幹細胞を培養する際に幹細胞から分泌され得られる培養上清液を精製・濃縮して作られます。このグロスファクター溶液には培養中に幹細胞から放出されるサイトカイン群(成長因子、免疫調整因子、抗炎症性因子、神経再生因子など)が豊富に含まれています。細胞活性化、体内の幹細胞分化促進など幹細胞と同じ作用をすることが知られています。免疫調整用もあり、免疫力向上にも効果があります。投与するグロスファクターは患者様ご本人の幹細胞由来のグロスファクター溶液を使用します。

  • 幹細胞培養上清に含まれる主な免疫作用因子
  • aFGF(acidic fibroblastic growth factor):上皮細胞に増殖を促すと同時に線維芽細胞からのコラーゲン、ヒアルロン酸、SODなどの産生を促します。 *SOD:Superoxide dismutase (活性酸素除去酵素)。
  • bFGF(basic FGF) :線維芽細胞増殖因子。上皮細胞、筋細胞などに作用して細胞増殖を促します。
  • VEGF(vascular endothelial growth factor) :血管内皮細胞増殖因子。新生血管の形成に作用する。
  • TGF-b(transforming growth factor-beta) :ベータ型変異増殖因子と呼ばれ、組織発生、細胞分化、胚発育において重要な役割を果たす。抗炎症効果があります。
  • IGF-1(insulin like growth factor-1) :インスリン様増殖因子と呼ばれ、細胞の増殖を促します。
  • PDGF(platelet derived growth factor) :血小板由来増殖因子。線維芽細胞の増殖を促します。
  • HGF(hepatocyte growth factor) :肝細胞増殖因子。細胞増殖を促し、臓器形態の形成に働く。血管新生やアポトーシスと呼ばれる細胞死を抑制します。
  • IL-7(interleukin-7) :幼弱免疫細胞の増殖因子として働きます。
  • G-CSF(granulocyte colony stimulating factor) :顆粒球の増殖誘導因子です。
  • GM-CSF(granulocyte macrophage colony stimulating factor) :顆粒球、単球マクロファージの増殖誘導因子です。
  • EPO(erythropoietin) :赤血球の生成に働きます。

高濃度ビタミンC(+グロスファクター)治療とは

高濃度ビタミンC治療は血管の静脈内に、大量の高濃度ビタミンCを点滴することにより、内側から様々な効果を得る目的で行われる点滴治療の一種です。内服での摂取とでは比べものにならない高濃度な状態のビタミンCが摂取でき、体内のビタミンC血中濃度が急激に高まり、老化の原因とされる活性酸素を無毒化する抗酸化作用が得られます。また、抗酸化作用により炎症を抑え、体内のウイルスや病原菌を排除する白血球の働きを助け、免疫機能の強化向上を図る治療です。

スタークリニックが処方する高濃度ビタミンC(アスコルビン酸注射液)は、McCGUFF社の高濃度ビタミンC(アスコルビン酸注射液)です。アメリカFDAの新基準に対応した唯一のアスコルビン酸注射液です。USP(米国薬局方)に基づく、高品質のアスコルビン酸注射液で、抗菌剤、防腐剤は一切使用されていません。ロット毎の成分分析証明書が添付されています。米国の多数の医療機関で採用されている高品質のアスコルビン酸注射液です。

お問い合わせ

代表番号
03-6453-7031

お問い合わせ

受付時間 : 10:00~18:00
東京都港区海岸3-26-1 バーク芝浦ビル11F

再生医療外来《 自由診療 》

完全予約制

  • - 美容外来
  • - 抗加齢(エイジングケア)外来
  • - 運動機能外来
  • - スポーツ・アスリート外来

診療科目 : 内科・皮膚科・形成外科・整形外科

診療時間 : 10:00 〜 18:00

休 診 日 : 日曜日・祝祭日